• ホーム
  • 射精しやすい体位を知って膣内射精障害対策

射精しやすい体位を知って膣内射精障害対策

オナニーやオーラルセックスでは射精できるのに膣内に挿入するとうまく射精できない症状があります。
膣内射精障害と呼ばれるもので、膣内でオーガズムを得ることができず射精にも至らない症状です、原因には心因性のものと強い刺激に慣れてしまっていることが考えられます。
心因性については過去の女性からの性的抑圧や過激なAVによる性的興奮の偏り、性行為への劣等感などがあります。
改善のための対策としては、医薬品の処方による交感神経や副交感神経への作用を高めることやカンセリングなどがあります。
これらの心因性の原因が障害となっている割合はかなり低く、多くは強い刺激に慣れているためと考えられています。
強い刺激に慣れてしまう原因は自慰の時の手の握り方が大きく影響しています。
射精に至る過程として一般的なのは陰茎の亀頭に対して繰り返し刺激を与えることでオーガズムを感じます。
セックスの時に膣内に挿入することで陰茎に全体的な圧力がかかり、その力によって刺激が得られることで射精します。
自慰を行う場合には手で陰茎を握ることで圧力をかけて刺激を与えます。
この時のどのぐらいの圧力をかけるかには個人差があります。
繰り返し強い圧力で自慰を繰り返した場合、陰茎がその刺激に慣れてしまいます。
そのため比較するとかなり弱い膣内の圧力では満足な刺激を得ることができないため挿入後いつまでたっても射精に至ることがない膣内射精障害になります。
このような症状を改善するための対策には圧力の弱い状態でも快感を得るようにトレーニングすることや膣の圧力が高くなる体位を試してみることです。
セックスの体位によっては膣の筋力だけでなく周りからの圧力が加えられて陰茎への刺激が強くなるものがあります。
例えば、後背位(バック)、騎乗位、寝バック、しめ小股(しめこまた)などが考えられます。
セックスしていてもオーガズムが得られないと感じた場合には相手にこのような体位をお願いしてみるのも対策の一つです。

射精しやすい4つの体位

射精しやすい体位は陰茎への圧力が強くなる効果が得られるものです。
膣の締め付けだけでは限界があるためなるべく力がかかりやすい体位にすることが遅漏や膣内射精障害に対する効果的な対策になります。
ただし、圧力が強くなるわけではなく膣にかかる力を低減させることなく陰茎に与えることができることが重要です。
つまり脚を広げるような体位は膣の力を分散することになり、本来の圧力を逃してしまうことになります。
このような圧力が減少するような体位ではないことが重要です。
また、男性は脚を伸ばした状態が射精しやすい姿勢になるのでそのような体位も対策として効果的です。
具体的には、寝バック、しめ小股(しめこまた)、後背位(バック)、騎乗位です。
寝バックは、女性がうつ伏せになって両脚を閉じた状態で後ろから挿入します。
寝バックをすることで女性の脚が閉じている状態になり膣への圧力がしっかり伝わります。
また、男性の脚が女性の脚を挟むような形になることから自然と女性の脚の締まる力が強くなります、強い力を求めるなら寝バックがおすすめです。
しめ小股(しめこまた)は女性が仰向けになり脚を閉じた状態で男性が脚を開いて挿入します。
脚が閉じているので膣の締め付ける力を強く感じることができます。
寝バックは女性が仰向けかうつ伏せかの違いだけです。
後背位(バック)は女性が脚を手と膝をついた状態で体を起こして男性が後ろから挿入します。
男性は立位になるため脚が伸びた状態になります。
膣内の圧力は下がりますが男性が脚を伸ばした射精しやすい体位であることや立位であることから動きやすいことが利点です。
性的興奮が得られやすい視覚で後背位は人気が高い体位です。
騎乗位は男性が仰向けになり脚を伸ばした状態で女性が脚を広げて挿入します。
騎乗位は男性が射精しやすい姿勢であることや女性がリードしてセックスができることから刺激が得られる体位です。
騎乗位の場合は圧力はかなり下がりますが精神的な面や視覚的な面で有効です。

関連記事
  • TENGAで膣内射精障害を克服 普段からオナニーを沢山している人は、膣内射精障害になる可能性が高いのをご存知ですか。 特に過剰に物理... 2019年09月23日
  • カプセルのスプーン
    EDと膣内射精障害の違い 男性を悩ませる問題にはたくさんの種類がありますが、女性との性交渉がうまくいかないと言う事はお互いにと... 2019年06月21日
  • 正しいオナニーの仕方のポイントは自然体? オナニーは男性が自分一人で性欲処理をする事の名称ですが、その方法も人それぞれで、決まったやり方はあり... 2020年01月13日
  • 膣内射精障害だと不妊の原因にも? 膣内射精障害は膣内に挿入すると射精できない障害です。 男性に心因性の原因がある場合やあまりに刺激が感... 2020年05月22日
  • 早漏も射精障害の一つ? 早漏は射精障害のひとつとして当てはめられており、改善すべき課題として提示されています。 男性の射精を... 2019年07月30日